news 血糖値と歯周病の不思議な関係

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
☆血糖値と歯周病の不思議な関係☆

歯周病といえば、多くの人が抱えている身近病気です。この病気が糖尿病と密接な関係があり、お互いの状態を悪化させるという報告があります
歯周病とは、歯周病菌に感染して歯肉に慢性的な炎症が起こった状態のことです。
歯ぐきから出血する等、口臭の原因になります。


健康な人であれば、歯周病菌が口の中に存在していても、免疫システムが炎症を抑制しています。しかし、血糖値が高い状態だと炎症が促進されやすいため、糖尿病の人では歯周病が重症化しやすいと考えられています
 また、歯周病があると、TNF-aという物質が放出されてインスリンの効きを悪くし、血糖値が高くなるといわれています。
 糖尿病と関係があるのは、歯周病だけではありません。かぜ、インフルエンザ、肺炎などの体内で炎症が起こる病気は、糖尿病を悪化させてしまいます。血糖値を良好な状態にするためには、炎症の治療と予防を心がけましょう。
 その第一歩となるのが、歯周病の治療です。生活改善は積み重ねていく期間が必要ですが、歯周病の治療をきちんと受ければ、血糖値が改善できます。血糖値が高めと言われたときには、歯科医を受診してみましょう。
  • 血糖値と歯周病の不思議な関係
文字サイズ