news 治療中は目元にタオルをお掛けします!

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

目の安全を守るため、治療中にタオルを掛けることがあります。

歯科治療の多くは、水や風をかけながら行うため、水滴や削りカスが顔にかかることがあります

吸引器にてそれらが飛び散らないようにしていますが、完全に取りきることは不可能です。

治療中は、それらが目に入らないよう、目を閉じることをおすすめします。特に水を多く使用する処置の際は、目の周囲にタオルを掛けることがあります

『不安なので目を開けていたい』という方はお気兼ねなくお申し出ください。

  • 治療中は目元にタオルをお掛けします!
文字サイズ