news ホワイトニングによる歯への影響

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

当院でホワイトニングをされた方から「歯がもろくならないの?」といったご質問をいただくことがあります。
今日はそのホワイトニングの原理をお話しします。

ホワイトニングとは、過酸化尿素と過酸化水素がエナメル質と象牙質など歯のあらゆる部位を通過する性質に基づいています。
これらの酸化物が酸素ラジカルに変わり、エナメル小柱間を通過し、歯の着色の原因である色素分子の結合を切断します。その結果、歯の内部の色調が明るくなりますが歯の構造は変化しません。

過酸化物は小分子に分解され、あらゆる方向に動き回るので、ホワイトニング剤に覆われている歯面だけでなく、歯全体が明るくなります。
多くの研究により歯のホワイトニングにおける過酸化物の硬化が証明されています。エナメル質、象牙質、充填物、補綴物はホワイトニング剤によってその物性への影響を受けません。

 

  • ホワイトニングによる歯への影響

当院ではご本人の歯の色を簡単に計ることができます。
初回だけオフィスホワイトニングをさせていただき、その後はお家でホームホワイトニングをしていただくことができます。興味のある方は、是非お声お掛け下さい♪

文字サイズ