news アフタ性口内炎について

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

通常、痛い口内炎は2週間ほどで回復します。もし長引くようでしたら、口腔がんなどの可能性も疑った方がいいかもしれません。

アフタ性口内炎はストレスや栄養の偏りなどが関係するといわれますが、明確な原因は分かっていないとのことです。

ほかに、入れ歯があたる、誤って頬をかむといった物理的な刺激や、ウイルスや細菌による感染症、義歯などの金属アレルギーが引き金になる口内炎もあります。ですが、ほとんどが2週間ほどで回復します。

長引く時は口腔がんなど別の病気が関係しているかもしれません。

その場合は、歯科や口腔外科、耳鼻咽喉科のいずれかの受診をおすすめします。

アフタ性口内炎の予防は、生活習慣を整えることです。

十分な睡眠をとり、青魚や納豆、レバーなどに豊富なビタミンB群を食事に取り入れると良いと言われているので、普段の食生活を見直してみてください。

参考資料:Yahoo!ニュース 読売新聞の医療サイト・ヨミドクター

 

  • アフタ性口内炎について
文字サイズ