news 赤ちゃんの虫歯予防

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

《赤ちゃんの虫歯予防はいつから?》

赤ちゃんの歯が生え始めるのは、だいだい6カ月ごろといわれています。

ですが、むし歯対策は、6カ月以前の歯が生える前からのケアがおすすめです。

虫歯対策には、顎の形と唾液がポイントとなります!

赤ちゃんのむし歯対策には、歯並びをよくする必要があります。

そのためには、歯が生える前からあごの形を意識することが大切で、お口のマッサージとよくかんで唾液の分泌を促すことが有効です。

唾液にはお口の中を洗い流す作用があるため、“カミカミ”をたくさんすることでたっぷりと唾液を分泌させることが大切です。

歯が生え始めたら、お仕上げ磨きも行いましょう

1才ごろまではささっとでOKです。歯を磨くことより、仕上げ磨きの姿勢などに慣れることが目標です。

1才を過ぎたら、1本1本ていねいに磨くことを意識しましょう。

赤ちゃんは自分で歯を磨くことができません。

お母さんお父さんのサポートが必要です!!未来の健康な歯を守るためしっかりとケアをしてあげましょう!

  • 赤ちゃんの虫歯予防
文字サイズ