news 歯周病と疾患の関係

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

歯周病は歯を失う要因の一位に挙げられる歯の病気です。

更に歯周病菌は歯を失うだけにとどまらず、全身の疾患とも関わりあって何か他の病気に起因していることも判明してきました。

 

まず一つ目が糖尿病です。

糖尿病にかかっている患者さんは歯周病である確率が高いという報告があります。

そして血糖値は歯周病を治療することで改善することがわかっています。

 

他にも、妊娠中の女性が歯周病にかかっている場合は早産や低体重で子供が生まれてくるということがわかってきていたり、

冠状動脈疾患という心臓血管疾患にかかりやすくなったり、脳卒中などの脳血管疾患にかかりやすくなることもわかってきています。

 

このように、歯周病は全身の疾患と深く関わりがあることがおわかりになると思います。

 

歯周病は痛みがなく進行していく病気です。大きな要因はプラークで、それが歯石となると自分では除去できなくなります。

 

最近歯医者で定期健診を受けていない方は、ぜひこの機会に受けてみてください。

そして歯周病になりかけている場合は治療を始めて歯を失うリスクを避けましょう!

 

 

A

  • 歯周病と疾患の関係
文字サイズ