news 歯周病の進行具合

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

今日は歯周病がどのような具合で進行してくのかお話します。

 

①健康な状態

歯肉が薄いピンク色です。歯と歯肉の間に1~2mm程度の溝(=歯肉溝)があります。

 

   ↓

 

②歯肉炎

プラークが歯肉溝に付着し2~3mm程度の歯周ポケットができ始めます。歯肉に炎症が起きて腫れています。

 

   ↓

 

③歯周炎(軽度)

歯周ポケットの深さは3~5mm程度になり、歯周ポケットに歯石やプラークが溜まっていきます。

歯周病菌が歯肉の組織に侵入し歯を支えている骨などが破壊され始めます。

 

   ↓

 

④歯周炎(中等度)

炎症が進行して歯槽骨が半分溶け始めていて歯がぐらつき始める状態です。

歯周ポケットは4~7mm程度になります。

 

   ↓

 

⑤歯周炎(重度)

歯槽骨が半分以上溶けて歯はぐらぐらしている状態です。

 

このような流れで歯周病は進行していきます。また歯周病は静かに、あまり自覚がなく進行していきます。

普段の歯みがきではプラークを落とすことを意識して、歯と歯肉の境目についている汚れをきれいにしましょう。

そして一年に2回程度歯医者での定期健診を受けましょう☆

 

A

  • 歯周病の進行具合
文字サイズ