news イビキの原因

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

寝ている間のイビキがきになる、誰かに聞かれたらどうしよう、このようなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

イビキの原因はなでしょうか?

イビキは、寝ている間に空気の通り道となる気道が狭くなることで発生します。

まず第一に考えられるのが、どの世代においても「肥満」です。また、20~30代においては下顎が小さく気道が狭くなりがちの為、イビキをかきやすい傾向があります。

その他にも、鼻炎や扁桃腺の肥大といった症状も原因と考えられます。

そして、誰にでも考えられる原因があります。

「飲酒」「喫煙」です。

お酒を飲んだ日や疲れすぎている時は、筋肉がゆるんで、舌がのどに落ちこんでしまうことで気道が狭くなるためイビキをかきやすくなります。

また、たばこを吸うと、気道の粘膜に炎症が起こって、イビキをかきやすくなるのです。

改善方法としては、マウスピースの利用や横向きになって寝るのも良いとされています。

喫煙に関しては禁煙するのがベターですね。

イビキでお悩みの方は、耳鼻咽喉科や歯科医院にご相談してみて下さい。 M

  • イビキの原因
文字サイズ