news 歯周病について知っておきたいこと

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

今日は歯周病についてのお話です。

 

歯を失くす要因のNo.1としても知られている歯周病ですが、30代からそのリスクは高まり始めます。かかる人は3人に2人と言われているのでどれだけ多くの人がかかるかおわかりになると思います。

 

歯周病菌は血管を通じて全身に入り込むため、動脈硬化や糖尿病、また妊婦さんにも影響を与えます。

(歯周病菌の中には女性ホルモンを好むものがいるので、女性ホルモンがたくさん分泌される思春期や妊娠期は特に気を付けましょう!)

 

唾液の量が減ると口内の乾燥が進みますが、口臭の原因になるだけではなく虫歯菌や歯周病菌を増やす原因にもなります。

 

あまり自覚症状がないので、初期の段階でしっかりと治療をすることで歯を失うことを避けられます。

 

 

まだ若いから・・・と言って自分を過信しすぎるのは危険です。

定期的に歯科で検診を受け歯周病治療を始めましょう☆

 

 

 

A

参考頁:https://news.yahoo.co.jp/articles/bda936b97121922d71b57f7a7eac6268fb218f27

  • 歯周病について知っておきたいこと
文字サイズ