news 猫の舌に現れる異変!?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

猫が病気にかかると、舌に異変があらわれることがあるので、定期的にチェックする習慣をつけるいいといいそうです。

では、「健康な猫の舌」「異変がある猫の舌」の違いはどのようなものなのでしょう?

健康な猫の舌はU字型の輪郭をしていて、色はやや濃いめのサーモンピンク、トゲは舌の中心に集中し、根元に向かって一方向に生えているのが特徴です。

しかし、猫が何らかの病気にかかってしまうと、以下のような異変が見られるようになることがあります。

・腫れやただれ 舌の盛り上がりが左右対照でなかったり、部分的にジュクジュクした様子が見られたりする場合は、舌が炎症を起こしている可能性があります。

・ふだんと色が違う 舌の色が全体的に違うのはもちろん、部分的・まばらに違うときも要注意。なお、舌が白くなっているときは貧血の疑いが。

・輪郭がなめらかではない 舌の縁がギザギザしてU字型を描いていないときは、腫瘍ができて部分的に肥大化し、本来の輪郭をゆがめているのかもしれません。

 

猫の舌に異変があるときは、痛みや違和感を伴っていることが多く、しきりに口元を気にして顔を洗ったり、食事がうまくできなくなったりするなどの様子が見られることもあるそうです。

愛猫にそうした様子が見られたら、獣医師に相談するようにしましょう。

参考頁:「ねこのきもち」2018年7月号『健康をつかさどる最重要パーツ!? 今すぐ猫舌チェックしてみよう』(監修:フジタ動物病院院長 獣医学博士 日本小動物歯科研究会会長 藤田桂一先生、哺乳類学者 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生) Yahoo!ニュース

  • 猫の舌に現れる異変!?
文字サイズ