news ドライマウスについて

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

皆さんドライマウスという言葉は聞いたことありますか?

 

ドライマウスは口腔乾燥のことで、唾液腺の機能が低下して起こる症状です。

全身疾患のサインと言われていますので初期段階での対策が非常に大切になってきます。

 

今日はその唾液の大切さをご紹介します。唾液には以下の作用があります。

 

①自浄作用・・・食べかすや歯垢を洗い流す力

②消化作用・・・酵素がデンプンを分解して体内に吸収しやすくなる力

③抗菌作用・・・細菌の増殖を抑える力

④粘膜保護作用・・・糖タンパクが喉や食道を傷つけにくくする力

⑤食塊形成作用・・・味を感じさせて噛み砕いたり飲み込んだりしやすい塊にする力

⑥pH緩衝作用・・・飲食により酸性に傾いたお口のpHを中和させる

⑦粘膜修復作用・・・EGF(上皮成長因子)が組織が傷ついた時に修復する力

⑧再石灰化作用・・・飲食により溶けかかった歯面の修復をする力

⑨潤滑作用・・・発音や発声をスムーズにする力

 

口内が唾液のおかげで潤っていると口内環境が整うだけではなく、誤嚥性肺炎の死亡リスクも下がり、様々な疾患のリスクを回避することができます。

 

唾液が少ない方はあいうべ体操などをして分泌量を増やせるよう意識してみてください☆        A

  • ドライマウスについて
文字サイズ