news 歯石取り

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

歯医者に来たことのある方なら一度は、歯石を取ってもらった後の出血を経験したことがある方は多いのではないでしょうか。

 

あの出血はなぜ起こるのでしょう?

 

健康な歯ぐきの状態で歯石を取っただけでは出血は起こりません。

 

歯石の元になる歯垢(プラーク)は主に歯ぐきと歯の境目に付着します。歯垢はまだ柔らかいのですが、歯石ともなるとその名の通り普段のブラッシングでは取ることはできなくなります。そしてそのまま歯石の付着を放置しておくと歯周病と呼ばれるものに進行し、歯ぐきの腫れや出血、歯のぐらつき、口臭を誘発し最終的には歯を抜かなければいけなくなります。

 

歯ぐきの下に付着した歯石は歯周ポケットという溝に入り込んでいて、硬く頑固に付着しています。単に歯石を除去するという作業なだけではなく、歯ぐきの炎症が治まるのを待ってからや麻酔が効くのを待ってからと時間がかかってしまいます。

 

上述したように、歯石が溜まって歯茎の炎症が起きているとそれが刺激され出血がおこります。つまりそれは歯ぐきから「しっかり汚れを落としてね」というSOSサインなのです。

歯科で歯石取りの後に起こる出血は決して歯茎が傷つけられたからではなく、もともと汚れが溜まっていて炎症部分が刺激されて起こるのです。

 

それを防ぐためにも、歯石は自分では取れないので定期的に歯科で歯石取りやクリーニングを受けましょう☆       A

  • 歯石取り
文字サイズ