news 口の細胞にもウイルス感染

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

先日朝日新聞の記事で『口の細胞にもウイルス感染』という見出しの記事が紹介されていました。

 

アメリカのノースカロイナ大学の研究で、新型コロナウイルスが舌や唾液腺などの人の口内の細胞にも感染していることがわかりました。

今までPCR検査に使われる唾液にはウイルスが存在していることはわかっていたのですが、口内の細胞に感染していることは不明だったのです。

 

同大学の研究チームは、健康な人の舌・歯肉・唾液腺などの細胞を詳しく調べて、ウイルスが細胞に入り込むときに使うタンパク質の存在を明らかにしました。

そして新型コロナウイルスで亡くなられた方や罹患されている方からの唾液などを調べ、ウイルスが口内の細胞に感染し増えていくことが確認できました。

更に、その唾液などを猿由来の細胞に振りかけた実験では細胞にウイルスが感染していく様や増殖していく様を確認し、唾液が感染を広げていることを明らかにすることができました。

 

これらの研究結果から、口内の細胞に新型コロナウイルスは直接感染するという結論を発表し、口内の細胞が気が付かない間に感染してその唾液を飲み込んで気管や肺に侵入し他人に飛散させてしまっている『培養装置』になっているとされています。

 

以上のことから、唾液や口腔は今まで考えられていた以上に重要なウイルスの感染経路で、鼻や喉よりも先にウイルスに感染することを頭に置いておきましょう。

そしてマスクの着用や飲食の場で話す時には特に注意して会話し(マスク会食)人と接するようにしましょう!        A

 

参考:令和3年6月27日朝刊 朝日新聞記事

  • 口の細胞にもウイルス感染
文字サイズ