news 歯並びについて

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

今日は歯並びの種類についてお話します。

通常は上顎が下顎を覆っていて上下のかみ合わせがうまくいきますが、中には様々な噛み合わせによってそれがうまくいっていない場合があります。

 

①オープンバイト(開咬)

奥歯を噛みしめても前歯が当たらない状態のこと。舌を使って噛み切っている。

 

②ディープバイト(過蓋咬合)

深い噛み合わせのこと。上の前歯が下の前歯に覆いかぶさり下の前歯が見えていない。

 

③クロスバイト(交叉咬合)

上下の歯列が部分的に反対になっていること。顎の発達にも支障をきたす。

 

④凸凹、八重歯(叢生)

でこぼこの歯並び。歯列が顎の中に並びきらず前後や捻れて並んでいる状態。

 

⑤出っ歯(上顎前突)

上下の前歯の間に6mm以上距離がある状態。常に口が開いている傾向にあり体の姿勢も悪く慢性的な口呼吸である傾向がある。

 

⑥口ゴボ(上下顎前突)

上下の顎に対して前歯が標準より前方に位置している。出ている前歯によりうまく口を閉じれない。

 

⑦受け口(反対咬合)

前歯の噛み合わせが上下逆になっている。全く食べ物が噛めず奥歯に負担がかかりやすい。

 

⑧すきっ歯(空隙歯列)

前歯などに隣接する歯に接触がなく歯と歯の間にすき間が開いている状態のこと。

 

噛み合わせが上手くなっていないと思わぬ悪影響を及ぼすこともあります。上記の歯並びでお困りの方はぜひお近くの矯正歯科に相談してみてください☆       A

  • 歯並びについて
文字サイズ