news フッ素の効果

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

フッ素と聞いたことがある方は多いと思いますが、その数字にはどんな意味があるのでしょうか?

 

歯磨き粉などによく〇〇ppm配合と書いてありますよね。

Ppmとは濃度を表しています。数字が高いほど虫歯予防の効果が高いです。

日本では100~1500ppmの物が販売されています。実は日本は数年前に上限が1000から1500に引き上げられて世界のフッ素濃度に平均化が図られました。

 

フッ素は歯磨き粉だけではなく自然界にも多く存在しています。身近なものではフルーツやお茶、お魚などに含まれています。

 

そもそもフッ素には歯のエナメル質を修復したり強くしてくれたり、口腔内の菌の働きを弱めてくれるなどの虫歯の発生を防いだり予防に有効な成分として注目されています。

 

では先程挙げたフッ素の含有量(数字)は高いものを使った方がいいのでしょうか?

 

答えは年齢に応じて使い分けたほうがいいです。

 

15歳以上は1500ppmでokですが、6~14歳には1000ppmのものを、3~5歳児には500ppmを5mm程度、生後6ヶ月~2歳児には500ppmを切った爪程度の少量のみ使用するようにしましょう。

 

フッ素は歯磨きの後口内に長くとどまった方が虫歯予防に効果的なので、長く留める歯磨き粉を選択するのも良さそうです。

 

年齢に合わせてフッ素入りの歯磨き粉を使い分け虫歯予防に努めましょう!        A

  • フッ素の効果
文字サイズ