news コロナ禍での正しい歯みがき方法

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • コロナ禍での正しい歯みがき方法

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

昨日日本歯科医師会からコロナ禍における正しい歯みがきの方法(動画)が発表されました。

 

例えば、口を閉じて歯ブラシをすると口を開けてする時と比べて飛沫があまり飛ばなくなるのです。

またうがいをするときは高いところから吐き出すのではなく、シンクになるべく近い(低い)ところで優しく吐き出すとあまり飛び散らないで済みます。

 

コロナウイルスには唾液の飛沫での感染がよく見られています。

 

食事や会話の時に気を付けるだけではなく、歯みがきの時の新しいエチケットとしてこの方法を取り入れていきましょう☆

 

参考:日本歯科医師会            A

  • コロナ禍での正しい歯みがき方法
文字サイズ