news 高齢者の閉じこもり

 

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。

 

歯の数が少ない高齢者ほど閉じこもりになる危険がある?

歯が20本以上ある高齢者に比べて、歯の少ない高齢者は週1回も外出しない「閉じこもり」になる危険性が2倍ほど高いという調査結果を東北大の相田教授らが発表しています。

入れ歯を使わない65歳~74歳の高齢者が閉じこもりになる危険性は20本以上の人の1.8倍にもなるそうです。こういった結果を踏まえ、歯が少ない人は、入れ歯を入れるなど歯科医院で相談することをおすすめします。

高齢の家族がいらっしゃるご家庭では、是非この休日を使い歯や入れ歯のお話をしてみてください。入れ歯をつけて積極的に外出できるよう、全員家族でサポートしましょう!

  • 高齢者の閉じこもり
文字サイズ