news 熱いものでしみたとき

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

皆さんの中に冷たいものではなく熱いものでもしみたことがある方はいらっしゃいますか?

 

実は私も最近温かい飲み物を飲んだ時にじんわりと歯がしみる感じがしたことがあります。

 

冷たいものを飲んで歯がしみる時はよく耳にする知覚過敏が疑われることが多いですが、熱いものでしみる時には何が疑われるのでしょうか?

 

知覚過敏でも熱いものがしみて感じることはあるようです。そのほとんどは一過性のもので痛みを感じる時間も非常に短いのが特徴です。

しかし熱いもので痛みが強く長く感じられるときは歯の神経が弱っていることが原因として考えられます。また歯茎の炎症が原因のこともあります。

熱いもののあとに冷たいものを口に含んで症状がよくなる場合は神経が完全に悪くなっていることが強く疑われるので治療が必要でしょう。

 

冷たいものや熱いものを飲んで痛みを感じる場合は、それらのものの摂取は控えるようにしましょう。荒治療のようにあえてそれらを摂取し痛みを誘発してはいけません。歯の神経がどんどん弱まって最終的には死んでしまい、神経をとらなくてはいけなくなってきます。

 

痛みを感じた場合は目に見えないことや思いがけないことが原因で症状を感じていることもあるので歯医者を受診しましょう。

あた、すぐに歯医者にいけない場合はしっかりとブラッシングをして知覚過敏用の歯磨き粉などを使用して様子をみてみましょう。

  • 熱いものでしみたとき
文字サイズ