news 新型コロナへの感染リスクを高める歯周病菌

おはようございます。藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

日本において30代以降の8割がなると言われている歯周病。この歯周病菌が新型コロナウイルスへのリスクを高めているかもしれないと警鐘が鳴らされています。

また虫歯よりも歯周病によって歯を失くしてしまうことが多いです。

 

ではどのような対策が効果的なのでしょうか?

 

そもそも歯周病とは歯と歯ぐきの間にプラーク内に潜んでいる歯周病菌が入り込み、毒素を出して歯茎やあごのなどの歯周組織を壊していく病気です。

感染しても自覚症状がなく、骨が溶け出してしまうともとには戻りません。

またこの歯周病菌が怖いのは影響を与えるのが口内にとどまらないということです。例えば血液に入り込めば血栓ができやすくなりますし、肺に入ると誤嚥性肺炎を引き起こすこともあります。

 

歯周病予防には毎日の正しいブラッシングが大切です。また歯石や汚れがたまってしまうと歯周病になりやすくなってしまいます。

 

歯ぐきの腫れや口臭などで少しでも違和感を感じたらすぐに歯科を受診するようにしましょう!

 

  • 新型コロナへの感染リスクを高める歯周病菌
文字サイズ