news 銀歯は時代遅れ?!

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

虫歯などの治療で詰め物としてよく使われている銀の詰め物ですが、ある記事によるとそれをまだ採用しているのは日本くらいでかなり時代遅れなんだとか。

 

当院でももちろん銀の詰め物は採用しておりますし、保険内で収まるため多くの患者様からも選ばれています。

 

銀の詰め物をする治療では土台となる健康な歯を多少なりとも削らなければいけません。また、精度の低いものだと、隙間から虫歯菌が侵入し再度虫歯になるリスクもあります。昔選択肢があまりなかった時代には仕方ありませんが、医療の進歩で選択肢が増えた今日にあえて選ぶ必要はないかもしれません。

 

悪影響はその歯にとどまらず、金属アレルギーとして表れることもあります。頭痛や肩こりなどの更年期障害だと思っていたものが実は10数年前以上に入れた銀歯の影響だという例もあるそうです。

 

聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではコンポジットレジンでの虫歯治療が盛んに行われています。

またその患者様に合わせて当院ではセラミックやジルコニアの素材の詰め物やかぶせ物も取り扱っております。

 

詰め物やかぶせ物の詳細についてはかかりつけの歯科医院で問い合わせてみてください☆

  • 銀歯は時代遅れ?!
文字サイズ