news なぜ歯が溶けるか?

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

みなさんはなぜ歯が溶けるかご存知ですか?

食事をすると唾液が分泌され、食物が消化されます。その時口腔内は酸性に傾きます。その影響で歯が少し溶けます。

しかし、歯には再石灰化といって溶けた歯を再生する働きがあります。これに不可欠なのがフッ素です。

フッ素を多く取り込むことで再石灰化を助けることができます。
反対に、ずっと何かを食べたり飲んだりすると、常に口腔内が酸性のままで歯が溶け続けてしまいます

これが俗にいう「ダラダラ飲み」や「間食」です。
また、酸性食品を食べ過ぎると歯が溶けやすく、これが続くと知覚過敏などの症状を引き起こします。

酸性食品の代表的なものとして、お酢やレモンと言ったものがあげられます。

健康のためにと毎日お酢を飲むことは、歯にとっては常に酸性雨を浴びているような状態と言えるでしょう。


さらに、リンゴなどのといった果物やレモンやみかん柑橘も注意が必要です。柑橘類は酸っぱいイメージから酸性度が高いので、歯が溶けやすいことは安易に想像できると思いますが、リンゴやバナナなどにも注意が必要です。

果物も食べ過ぎればこの果糖によって虫歯になる危険性が高まります。
歯を溶かす原因は、食べ物などの他に物理的な原因も考えられます。歯ブラシを強く当てすぎて磨くと歯を削ってしまい、知覚過敏になります。特に酸性食品を多く食べていたり、ダラダラ飲みなどをしていて歯が弱っている人は要注意です。

何事も適度なバランスが必要です。体にいい物でも摂りすぎや、やりすぎには注意していきましょう!

  • なぜ歯が溶けるか?
文字サイズ