news 歯の神経について

おはようございます。

藤沢市の歯医者、神谷デンタルオフィスです。


歯の神経のお話
歯の中には神経が通る管があります。
その神経が炎症を起こすことで痛みを引き起こします。
冷たい水がしみるくらいの症状ならば様子をみたり、削れた歯の根元を修復すれば回復するのですが、バイ菌の進行程度や神経の症状があまりにもひどく出てしまうときは、この神経をとる治療をしていくことになります。
この処置を抜髄(ばつずい)と呼んでいます。
神経をとった歯はドライフラワー状態のように、血流がなくなります。栄養の届かなくなった歯は、とてももろくなって色が変わってきます。
感覚もその歯自体からは受けることがなくなるので、神経のない歯だけになれば味や細かな温度変化も感じにくくなってしまいます。
それを避けるためにも、出来る限り歯を残し、できるだけ神経も残したいというのが今の歯科医療界のほぼ共通の考え方になっています。
神経の治療は時間も治療回数もかかりますが、非常に細かく丁寧な処置が必要になるところなので、根気よく続けて欲しい一番必要な治療の過程の一つになります。


日頃からの丁寧なお口のケアが欠かせなくなりますね。

  • 歯の神経について
文字サイズ