news 口腔ケアについて

おはようございます。

藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

死を招くこともある誤嚥性肺炎の効果的な対策として、「口腔ケア」が注目を集めています。正しい口腔ケアを実践することで高齢者の肺炎の発症を減らし、肺炎による死亡率を下げることがわかってきています。

誤嚥性肺炎を起こすのは、口やのど、鼻の中に入り込んだり棲みついたりしている細菌です。口やのどの細菌が多いほど誤嚥する細菌の数も増え、肺炎を発症するリスクは高くなります。

口腔ケアは、ブラシで汚れや細菌を掻き取ることが基本です。歯を磨くだけでなく、粘膜の清掃が重要となります。

歯がある人は歯ブラシで歯や歯肉との境目を磨いたあと、粘膜用の柔らかいブラシやスポンジに水を含ませて頬の内側、上あご、舌などを擦り、うがいをして洗い流します。

口の中をきれいに清掃して唾液の分泌を促すと唾液をのみ込むようになるため、のみ込みの訓練にもなるそうです。

誤嚥性肺炎を発症してからではなく、早い時期から粘膜清掃も含めた口腔ケアを習慣にするといいでしょう。

  • 口腔ケアについて
文字サイズ