news 歯磨きの3つの基本

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

知っておきたい!歯磨きの3つの基本

1.食後30分以内に歯磨きしない方がいい?
この説は「強い酸性の食品を飲食した直後は」という前提がつくのが正解です。だ液には、食事によって酸性に傾いた口内を中性に戻す働きがあります。強い酸性の食品は歯のエナメル質を脆くするため、中性に戻ってから歯を磨くべきという説ですが、一般的な食事には当てはまりません。通常は食後すぐ歯磨きをして問題ありません。

2.歯磨きの前に歯ブラシを濡らさない
当たり前のように歯ブラシを濡らしてから歯磨きしていませんか?水分が多いと、歯磨き粉がよく泡立つため、短時間しか磨いていないのに磨けた気になりがちです。しっかり磨くために乾いた歯ブラシで磨き始めましょう。

3.ゆすぎは少量の水で1回だけ
歯磨き粉の味がしなくなるまでしっかりゆすぐと、せっかくの有効成分まで洗い流してしまうことに。目的によって歯磨き粉の種類はいろいろありますが、虫歯予防や知覚過敏予防などの薬効成分が含まれる歯磨き粉の場合は、口の中にその成分を残すために軽くゆすぐ程度がよいでしょう。

  • 歯磨きの3つの基本
文字サイズ