news 知っておきたい!口臭を強くする要因7つ!

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

【知っておきたい!口臭を強くする要因7つ!】

①食べ物・飲み物
→にんにくやねぎ、お酒、コーヒーなど、においの強い飲食物も口臭の一因に。こうした食品のにおい成分は、消化・吸収の過程で完全に分解されずに残ったまま肺に到達。呼気となって排出されることも。

②唾液不足
→唾液には口内の細菌を洗い流す役割がありますが、ストレスや加齢など何らかの原因で分泌量が減ることがあり、これが口臭の原因に。高齢者は唾液が減って口が乾燥する「ドライマウス」による口臭にも要注意です。

③食事を抜く
→食事をとると唾液が分泌されて口内細菌が洗い流され、口臭が減ります。でもダイエット中だからと食事を抜いたり、朝食をとらなかったりすると、そのぶん唾液分泌が減ってしまい、口臭が生じやすくなります。

④風邪・鼻炎
→風邪や鼻炎などで炎症を起こすと、のどの奥に“におい玉”と呼ばれる膿栓がつくことがあります。これは白血球の死骸や細菌の塊で、つぶすと強いにおいを放ち、口臭の元に。扁桃腺炎などにかかるとできやすくなります。

⑤入れ歯の汚れ
→入れ歯や部分入れ歯のケアを怠り、洗浄不足で汚れが残っていると、細菌が繁殖してにおいが発生しやすくなります。入れ歯の素材は天然歯より細菌や汚れが付着しやすいため、こまめに洗浄をしないと口臭のもとに。

⑥タバコ
→タバコを吸う習慣があると歯にヤニなどの汚れが付きやすく、これが口臭の原因に。また長年の喫煙によってタバコに含まれるタールなどの有害物質が肺にたまると、それが呼気と共に出て口臭が発生することも。

⑦水分不足
長時間、水を飲まないでいると口の中が乾いて唾液の分泌量が減り、口臭が強くなります。また、水分には唾液と同様に口の中の細菌を洗い流す役割もあるので、不足すると口臭が強くなりやすくなります。

  • 知っておきたい!口臭を強くする要因7つ!
文字サイズ