news デンタルケアグッズの種類と選び方

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

歯ブラシや歯磨き粉などのデンタルケアグッズ、正しく選べていますか?

薬局などに行くと、たくさんの歯ブラシや歯磨き粉、歯間ブラシやフロスなどのデンタルケアグッズが売られています。どれも魅力的なセールスポイントが書かれていますが、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

・歯ブラシ
ポイント→ヘッドの大きさと毛の柔らかさ
ヘッドの大きさは自分のお口に合ったものを選びます。細かいところを磨くようにワンタフトブラシなどを併用するのもお勧めです。毛のやわらかさは「ふつう」のものが良いでしょう。

・歯磨き粉
ポイント→研磨剤とフッ素濃度
研磨剤は「低研磨」のものがオススメです。歯面を傷つけることなく磨くことができます。フッ素濃度は1450ppmのものを選びましょう。最近はフッ素無配合のものも多いですが、フッ素が歯の再石灰化を促すので、フッ素濃度の高い歯磨き粉がオススメです。

・デンタルフロス、歯間ブラシ
ポイント→自分の歯の隙間にあわせて
歯と歯の間の清掃に欠かせないフロスや歯間ブラシですが、サイズの合わないものを使い続けると歯間が開いてしまう可能性があります。自分のお口に合ったものを使うことが大切です。

歯科医院ではその方に合ったデンタルグッズのご提案も行っております。見直してみたい方はお気軽にご相談ください♪

  • デンタルケアグッズの種類と選び方
文字サイズ