news むし歯になりにくい「おやつ」

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
 
大人も子供も大好きな「おやつ」。でもその「おやつ」がむし歯の原因になってしまうかもしれません!
 
むし歯になりにくい「おやつ」って?
 
むし歯菌は糖質を栄養源として生きています。ネバネバしたプラーク(歯垢)を作り、これがむし歯菌の巣となり繁殖していき、糖質を取り入れると酸を作り出します。この酸が歯の表面にあるエナメル質を溶かしてむし歯を作るのです。
 
糖質には多くの種類がありますが、なかでもむし歯菌が好むのは「ショ糖」という種類の糖です。これは甘さの元となる、いわゆる「砂糖」を作っている糖です。砂糖を多く含む甘い飲み物や食べ物を食べると虫歯になりやすいのはこのためです。
 
むし歯になりにくいおやつは、
①歯に糖が残りにくい
②粘土が低い
③唾液が出やすい
のようなものです。
 
また、食べ方も重要で、
①食べ終わったら水やお茶を飲む
②ダラダラ食べはしない
③よく噛んで食べる
このような習慣を取り入れることで、むし歯を作りにくくすることができます。毎日の積み重ねが大切です!
  • むし歯になりにくい「おやつ」
文字サイズ