news 歯周病対策

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。
生活習慣病のひとつとも言われている歯周病。日常から気を付けたい、歯周病を進行させない4つのポイントについてお話します♪

 

定期的な歯科メンテナンスを!
歯周病の原因となるのはプラーク。ご自身での歯みがきだけでプラークを完璧に取り除くことは残念ながら難しいです。特に唾液の分泌の減る世代では、プラークが付着しやすくなります。3ヶ月くらいを目安に、歯科でのメンテナンスを受けることをオススメします。

口呼吸に注意!
口呼吸をすると口の中が乾きやすい状況になり、食べた物が歯に付着しやすくなって、プラークがたまりやすくなります。また、だ液による自浄作用も低下するので、歯周病菌の活動を活発にしてしまいます。口呼吸をしている人は意識して口を閉じ、鼻呼吸を心がけましょう。寝る時はテープなどを貼るのも効果的です。

喫煙は歯周病を促進!
煙草の煙には有害物質が多く含まれています。発がん性なども問題視されていますが、歯周病にも影響を及ぼすとされています。歯周病のためにも禁煙が必要です。

甘い物はダラダラ食べないように注意!
糖分が高いものはプラークを形成する細菌の働きを活性化してしまいます。ダラダラ食べは長時間口の中に食べ物が入っている状態になります。絶えず食べ物が口の中にあると、だ液の自浄作用が追い付かず、菌を繁殖させる原因となります。

 

歯科医院でのケアとセルフケアとで歯周病対策を心がけましょう!

  • 歯周病対策
文字サイズ