news 白い虫歯にご用心!

こんにちは。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
今日は白い虫歯の危険性についてお話しします。

みなさん、虫歯といえば黒い色をした穴を思い浮かべると思いますが、実はもともと虫歯は黒色ではなく、「白い色」をしています。歯の表面のエナメル質にできた初期の虫歯ははじめは白ですが、歯の中の象牙質まで広がる時期に虫歯菌とは別の色素生産菌と呼ばれる菌が虫歯の穴に住みつき、それによってだんだん虫歯に色がつき始めます。
特に生え始めの歯は柔らかく、歯が柔らかい時期にできた虫歯は進行が早く、黒色色素酸性菌が黒い色を作る前に大きくなり、色は付いていなくとも器具で触るとポロポロと崩れる状態になることがあります。
こうした若年者特有の虫歯を「急性う蝕」と言います。白い虫歯「急性う蝕」は、12歳〜16歳ぐらいに多く見られ、進行が早いため神経が腐食して痛みが出る前に中でかなり大きくなってしまい、痛みのないまま神経まで虫歯が進行した状態になることが多々有ります。
神経が腐食する前であれば、柔らかい部分を全部取らずに温存して固めること(石灰化作用)が可能な場合があります。

痛くないから虫歯ではないということではありません。特に小学校高学年から中学校までの間は親御さんの目が離れがちです。定期的に検診にいらして専門的にチェックしてもらいましょう!

  • 白い虫歯にご用心!
文字サイズ