news 親知らず

おはようございます。神谷デンタルオフィス藤沢インプラントセンターです。
今日は「親知らず」についてお話します。

 

  • 親知らず
「親知らずはいたずら好き?」
① 磨けません!
どんなに一生懸命磨いても、親知らずには歯ブラシが届かないのです。
従って、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。
② 虫歯になる!
汚れが溜まることによって、親知らずもその手前の歯もむし歯になります。
③ 炎症を起こす!
親知らずが出てくるスペースがない場合、変な方向に向かって出てくることが多く、歯肉が被ったままになり炎症を起こし易くなります。
④ 歯槽膿漏の原因となる!
親知らずの周りに汚れがたまることによって、手前の歯を溶かし歯槽膿漏となります。
⑤ 口臭の原因となります!
磨けないために汚れが溜まり、口臭の原因となります。
⑥ 歯茎を噛む!
植えの親知らずが出てくると、下の歯茎を噛むようになり、炎症や腫れの原因となります。
⑦ 手前の歯の根を溶かす!
手前の歯の根を押した場合には、その押された歯の根は溶けてしまう場合があります。
⑧ 歯並びを悪くする!
親知らずが手前の歯を押すことによって、歯並びを悪くする場合があります。
⑨ 顎関節症になる!
親知らずが手前の歯より出てくると、顎の動きを邪魔する様になり、顎関節症となります。
⑩ 顎の骨折の原因となる!
親知らずが顎の深いところに埋まっていると、何らかの外力(転んだ・殴られたなど)が加わった時に、顎の骨折が起きることがあります。
画像引用:http://www.fotosearch.jp/
 
 
文字サイズ