news 全身の老いと口腔老化の相関関係

  • HOME  >  
  • ブログ  >  
  • Blog  >  
  • 全身の老いと口腔老化の相関関係

おはようございます。

藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

 

歯を支える組織や骨を破壊する歯周病は、歯を失う大きな原因になりますが、全身の様々な病気とも関わっていることが解明されてきています。

動脈硬化を起こしている人に歯周病治療を継続的に行ったところ、狭くなっていた血管径が広がり、血管の炎症マーカーの数値も低下する結果となったそうです。歯周病を治すことで、動脈硬化の発症や進行を予防できる可能性があるのです。

また、歯周病との強い関連性が判明しているのが糖尿病です。歯周病が進行すると、歯と歯肉の隙間に歯周ポケットが形成され、その中で歯周病菌がさらに増殖し、内毒素を放出します。内毒素は歯肉から血管内にも侵入し、血糖値が高くなります。

歯周病で歯を失うことは、全身の老化が進行している目安にもなります。歯や口の健康にも関心を持ち、口腔ケアを本格的に取り組みましょう。

  • 全身の老いと口腔老化の相関関係
文字サイズ