news 歯周病と関係の深い病気

おはようございます。藤沢の歯医者、神谷デンタルオフィスです。

【歯周病と関係の深い病気】

歯周病は自覚症状なしで進行しやすい病気です。

ただ、全く自覚症状がないわけではありません。

「歯みがきをしたときに歯茎から出血したら、歯周病のサイン」です。

歯と歯ぐきの間に歯周病菌が入り込むと、それを撃退するために白血球が毛細血管を通って集まってきます。そのため歯茎の血管壁は薄くなり、破れやすくなるのです。

こうして歯茎の出血があるにも関わらず放置してしまうと、歯周病菌が全身に行き渡り、体のあらゆるところで病気を進行させます。

以下のような病気と、歯周病菌の関りが深いとされています。

 

1.脳血管障害、認知症

2.心臓血管疾患、動脈硬化

3.誤嚥性肺炎

4.糖尿病

5.早産、低体重児

6.メタボリックシンドローム

7.骨粗鬆症

8.関節炎、腎炎

お口の中のケアをサボってしまうと、歯が悪くなるだけでなく、全身の病を進行させてしまう恐れがあります。

歯周病にかかっている人は、かかっていない人に比べ、医療費が多くかかっているというデータもあるそうです。

お口のために、全身の健康のために、口腔内のケアをしっかりと行いましょう☆

 

 

  • 歯周病と関係の深い病気
文字サイズ