news 根管治療の治療方法

根管治療の方法

根管治療は、細菌に感染している歯根の先端部分を外科手術で切除したり(歯根端切除術※)、最終的には抜歯したりする場合もありますが、通常は根管内の洗浄・殺菌・消毒をする処置を行います。

通常の根管治療の方法

■治療を行う際には、前処理として歯にラバーダムを設置し、細菌の感染を防ぎます。
■針のような器具を使った手作業の細菌除去と、超音波による機械で細菌を除去します。その際、薬剤を使って殺菌消毒も行います。
※歯根端切除術とは・・・通常の根管治療を行っても完治しない場合に行います。最近ではマイクロスコープを使うことにより、成功率は90%程というデータもあります。

根管治療後の充填方法

側方加圧充填 一般的な充填方法です。根管内の長さを測り、同じ長さにした細長い樹脂を歯ぐきの側面から圧接していきます。施術中の痛みが少なく、比較的簡単に充填できますが、隙間ができるため確実な方法とはいい切れません。
垂直加圧充填 根管内の先端まで樹脂を垂直に押し入れていく方法で、側方加圧充填のように隙間ができることなく充填できるというメリットがあり、治療後に問題が生じることがほとんどありません。

根管治療の流れ

STEP 01

根管の洗浄・殺菌消毒

虫歯が進行して死んでしまった歯の神経を除去し、根管内を洗浄・殺菌・消毒します

STEP 02

根管の充填

根管内に樹脂を隙間なく充填します

STEP 03

被せものを装着

樹脂が充填された歯に被せものをします

根管治療では、根管充填を隙間なく行うことが成功のポイントとなります。充填した根管内に隙間ができると、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。再根管治療を回避するためにも、藤沢の歯医者【神谷デンタルオフィス】では確実で安全性の高い歯科医療をご提供しています。

根管治療 成功のカギ

根管治療を一度で成功させるためには、以下のような条件が大切なカギとなります。
藤沢の歯医者【神谷デンタルオフィス】では、これらをすべて採用しています。

ラバーダムの使用

ラバーダムとは、歯科治療の際に口腔内に張るゴムのシートです。感染の予防、器具の誤嚥・誤飲防止、薬液からの保護などの役割を担います。ラバーダムの使用によって、根管治療の成功率が高まります。

マイクロスコープと拡大鏡の使用

マイクロスコープや拡大鏡の使用により、肉眼で見えにくいものをはっきりと確認できるため、根管治療の精度が上がります。しかし、アメリカの歯科医院においてマイクロスコープの普及率が90%以上なのに対し、日本ではその普及率は拡大鏡よりも低いのが現状です。藤沢の歯医者【神谷デンタルオフィス】ではこれらの機器を導入していますので、安心して治療をお受けいただけます。

その他の根管治療で使用する機材や機器に関してはこちらから

文字サイズ