news 根管治療について

歯には神経が通っており、神経を通して歯は栄養を摂ると同時に痛みや異変なども感じ取ります。しかし、虫歯が悪化すると細菌は根管にまでおよび、歯の神経まで感染する恐れがあります。歯が“生きる”ためにもっとも重要な神経。できることなら残しておきたいものですが、残念ながら虫歯が重度まで達した場合、神経を除去しなければならないこともあるのです。

神経を除去し、洗浄・殺菌する……この一連の治療を根管治療といいます。藤沢の歯医者【神谷デンタルオフィス】では、一般的な歯科治療に加え、根管治療も専門に行っています。丁寧に行うことにより、抜歯せず、自分の歯を残すことができる治療です。当サイトでは、そんな治療の詳しい解説を行っていきます。どうぞご参照ください。

根管治療とは

虫歯は、かかっていると気が付きながらも放っておく方が多い病気です。しかし、放っておいては大変危険です。虫歯は自然治癒することはないので、いずれは歯科医院での治療が必要になります。ずっと放っておくと虫歯は歯の神経にまで進行し、激しい痛みをともなうようになり、最悪の場合、神経が死んでしまうのです。

歯の寿命と神経の関係

歯を木に例えてみましょう。“生きた”木は土から養分を吸収しているため、なかなか折れることはありません。しかし“枯れた”木は、どんなに太くて丈夫そうでも、“生きた”木に比べれば折れやすくなります。

歯も同じく、神経を通して栄養(養分)をもらい “生きて”います。ですが、神経が死んでしまえば栄養を得られず、やがて歯が使えなくなってしまいます。つまり、神経が死んでしまう=そのままでは歯が“生きて”いられなくなる、ということなのです。

抜歯するか、根管治療をするか

神経にまで虫歯が進行してしまうと、単に歯を削るだけの治療では済みません。抜歯か根管治療をすることになります。

もちろん、痛みの原因となる歯を抜いてしまえば、すぐに痛みは治まります。しかし、歯を抜くことは、痛みを取り去るための一時しのぎといえます。歯は、1本でもなくなると残存歯の歯列に影響を与えるため、安易に抜歯はおすすめできません。また、抜いたままにしておくわけにもいかないので、費用と時間をかけて補綴治療をする必要が出てきます。一方、根管治療は治療に時間がかかりますが、大切な歯の寿命を延ばすことができるのです。

誰でもできることなら歯を失いたくはないでしょう。根管治療は複雑で難しい治療ですが、歯を守るためには必要なのです。

神経を抜くメリット・デメリット

歯の神経は歯に感覚を与え、歯に栄養を送る役目を果たす重要な組織です。しかし実際のところ、虫歯の進行によっては除去を余儀なくされるケースもあります。ここでは、そのメリットやデメリットをご紹介します。

■神経を抜くメリット

抜歯を回避できる 細菌は神経を通って奥へ奥へと侵入してきます。神経を抜いてしまえば細菌の経路を遮断でき、最悪の事態(抜歯)を避けられるのです。
痛みからの解放 神経を抜くことで、歯は感覚を失います。そのため、虫歯の痛みから解放されます。

 

■神経を抜くデメリット

治療費がかさむ 歯の神経を抜く治療には時間がかかり根気が必要になります。また何度も通院が必要になるため、ある程度費用がかさみます。
異常を自覚できない 神経を抜くことで虫歯の痛みから解放されますが、再度その歯に何か異常が起こっても、感覚がないため自覚することができません。被せものの中で虫歯が発症していることがわからないこともあります。

神経を取るのは身体へ負担もかかります。取らなくても済むよう、虫歯の早期治療・早期発見に努めましょう。

このような時に根管治療が必要となります

虫歯治療において根管治療が必要になる症状とは、どんなことをいうのでしょうか?

根管治療が
必要になる痛みや症状について

ここでは、歯の神経が残っている歯と残っていない歯、それぞれに根管治療が必要なケースをご紹介します。以下のような症状があれば、早期のうちにご相談ください。

歯の神経が生きている場合 歯の神経が死んでいる場合
  • 咬むと痛む時
  • 何もしていないのに痛む時
  • 冷たいものがしみる、痛む時
  • 甘いものがしみる、痛む時
  • 咬むと痛む時
  • 歯ぐきを押すと痛む時
  • 歯ぐきが腫れている時
  • 歯根の中で内出血を起こし、歯が浮いた感覚がある時

根管治療をはじめるにあたって

では、どういった時に医師は根管治療の決断を下すのでしょう? ここでは歯の神経が残っている歯と残っていない歯に分けて、医師が根管治療を行う判断基準をご紹介します。

歯の神経が生きている場合 歯の神経が死んでいる場合
  • 上に記載した根管治療が必要なケースに加え、叩いたり触ったりした時に痛みがある時
  • 歯周病による炎症が確認できた時
  • 神経に達する虫歯と判断できる時
  • 上に記載した根管治療が必要なケースに加え、叩いたり触ったりした時に痛みがある時
  • レントゲン撮影をして歯根の先に透過像が写っている時
  • 根管充填が行えない時

原因は虫歯だけではありません

根管治療が必要な原因は、虫歯の悪化だけではありません。過去に治療をした際に、きちんと細菌が除去できておらず残留していた場合は、再び菌が繁殖して痛み出すことがあるのです。
根管治療では細菌を根絶させるため、通院回数が多くなるものです。

藤沢の歯医者【神谷デンタルオフィス】では、通院回数を抑えながらも治療後の再発がないよう、じっくり時間をかけ細心の注意を払って徹底的に行っています。

歯の根の先にできる歯周炎
-根尖性歯周炎-の治療

周辺の骨が溶けてレントゲン撮影すると患部が黒く写ります。急性の場合もありますが、多くは慢性化し、歯ぐきが腫れることもあります。放置していると、ある時急に痛みが出はじめたり、健康な隣の歯にまで悪影響を及ぼしたりします。

根尖性歯周炎の症状

感染根管治療(※)を行います。感染根管治療を行っても原因が完全に除去できない場合は、歯根端切除術や抜歯をします。
※感染根管治療とは・・・以前の根管充填が不十分で根管内が感染した場合に行い治療です。

歯の根の中の治療では、いったいどんな処置を行っていくのでしょう?

文字サイズ